夏におすすめ!ホラー映画5選!【初心者向け】

Uncategorized

今回はホラー映画大好きなたぬきがこれからの季節におすすめの初心者向けホラー映画5選を紹介します!

ホラー映画(ホラーえいが)または恐怖映画(きょうふえいが)は、映画のジャンルの一つ。観る者が恐怖感(英語で言うところのHorror、Fear、Terror等)を味わって楽しむことを想定して制作されているものを広く指す。また、ゾンビ、殺人鬼など、観客に恐怖感を与えるためにホラー映画で用いられる素材・題材を含むものを(それが恐怖感を与えるための物か否かに関わらず)ホラー映画とする場合もある。

Wikipediaより

この通り、幅広い題材の映画から選びました!
恐怖要素や雰囲気、製作国などばらけさせてみましたので、何かしら興味が持てる作品が見つかると嬉しいです。

こわいの苦手なんだよ〜〜〜
夜トイレいけなくなっちゃう•••

そんなあなたも大丈夫!(多分)

怖いものが苦手な人でも見れるような、ちょっとポップな雰囲気もある映画を選んでおりますので興味を持ったらぜひ挑戦してみてください。

ゴースト・バスターズやホーンテッド・マンションなどは幽霊といってもホラー要素が薄すぎると判断して今回は除外しました。

CABIN(キャビン)

おすすめ度  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
怖さ度    ☆ ☆ ☆ ・ ・
パーティー度 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

女子大生のデイナは友人のジュールスに誘われ、仲間と5人で山奥にある別荘にやってくる。しかし、デイナたちの行動は謎の組織によりすべて監視されており、5人は事態のすべてをコントロールする組織が描いたシナリオどおりに動かされていた。そうとは知らないデイナらはさまざまな恐怖に襲われ、ひとりまたひとりと命を落としていくが……。

映画.comより

たぬき自身が最高に好きで、おすすめ作品にはかならず挙げてます。
好きすぎて真っ先におすすめしちゃう始末。

ホラー好きにはたまらない要素をこれでもか!とふんだんに盛り込んだモンスターパニック作品です。
しかし、ただのモンスターパニックと侮るなかれ、今までにない斬新な設定が盛り込まれています。
予告編動画が貼ってありますが、これから見るぞー!という人は予備知識を一切入れない方が楽しみが増えると思います。

怖さ度☆3にしたのは、流血表現が多めのためです。
本格的なグロさはないですが、ばっしゃばしゃに血が飛ぶので苦手な人は注意してくださいね。

ただ、流血表現多めと言っても終始ポップなテンションで進行していくため、ドキドキ疲れすることはないはず。

お友達とポップコーンを食べながらわいわい見るのにちょうどいいレベルです。

半魚人か〜〜〜〜!が大好き。何回見ても笑ってしまう。
(これはネタバレではない、はず。)

死霊のはらわたを見ていると『おっ!』となると思うので、ホラー好きの方もぜひ。

ショーン・オブ・ザ・デッド

おすすめ度  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
怖さ度    ☆ ・ ・ ・ ・
おふざけ度  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

突如として街に出現したゾンビの大群から恋人を救うべく立ちあがったダメ男の奮闘を描き、低予算ながらイギリスで大ヒットを記録したゾンビコメディ。(中略)ロンドンの家電量販店で働く冴えない青年ショーンは、親友のエドとつるんで自堕落な毎日を送っていた。ついにガールフレンドのリズに愛想を尽かされたショーンはようやく更正を決意するが、その矢先、街に大量のゾンビが発生。愛するリズを助けるため、エドと共に行動を開始するショーンだったが……。

映画.comより

ゾンビ映画の金字塔である故ジョージ・A・ロメロ監督の『ゾンビ』(原題:ドーン・オブ・ザ・デッド)のパロディ作品です。

怖さなんかほぼ0に近いくらいです(笑)
ただゾンビを倒すシーンがたくさんなのでそのシーンを怖いと思わなければ大丈夫でしょう。
予告動画が平気だったら見れると思いますよ!
圧倒的なお間抜け展開なので流血やゾンビの身体欠損はもはや気にならないと思います。

金曜の夜にお酒を飲みながら見たらフライデーナイトフィーバー間違いなし!

主人公・ショーンの神回避は必見。

元ネタであるゾンビとそのリメイクであるドーン・オブ・ザ・デッドもソンビ映画が好きな人はぜひ見てください。
走るゾンビ、必須プレイスのショッピングセンターなど原点ここにありです。

貞子VS伽耶子

おすすめ度  ☆ ☆ ☆ ・ ・
怖さ度    ☆ ☆ ☆ ☆ ・
おばか度   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「リング」の貞子と「呪怨」の伽椰子というJホラーを代表する恐怖の2大キャラクターの共演が実現した作品。(中略)その映像を見ると貞子から電話がかかってきて2日後に必ず死んでしまうという「呪いの動画」を見てしまった女子大生の有里。そして、入ったら行方不明になるという「呪いの家」に足を踏み入れてしまった女子高生の鈴香。共に呪いをかけられた2人を救うために立ち上がった霊媒師の経蔵は、貞子と伽椰子を戦わせるという秘策に打って出る。

映画.comより

これは入れるかすんごく迷ったのですが、貞子(リングで井戸から出てくる方です)と伽耶子(呪怨ですごい体勢で階段を降りてくる方です)にトラウマがなければ苦手な方でもなんだかんだ楽しめるのでは•••?と思っています。

※貞子は貞子ですし、伽耶子や伽耶子です!ちゃんとそれぞれの役割を果たしにきてるので、トラウマ抱えてる人は見ないでおきましょう。

ただ、やつらは家でもどこでも出現するので、観賞後尾を引く可能性あり。

しかし、この作品貞子VS伽耶子ですから。
どっちがつえーかを決める作品ですかね。終盤はパーティーが待ってます。

彼氏に『こわーい!』なんて言いつつ、最後は二人で思い切り笑ってください。

呪いには呪いをぶつけるというぶっ飛び発想、嫌いじゃない。

ちなみにYouTubeのKADOKAWA公式CHではもっとぶっ飛んだ映像が見れますので興味があれば。(貞子の始球式とか見れます)

新感染 ファイナル・エクスプレス

おすすめ度  ☆ ☆ ☆ ☆ ・
怖さ度    ☆ ☆ ・ ・ ・
追われる度  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ソウルとプサンを結ぶ高速鉄道の中で突如として発生した、謎のウィルスの感染拡大によって引き起こされる恐怖と混沌を描いた韓国製サバイバルパニックアクション。(中略)主人公のソグ親子のほか、妊婦と夫、野球部の高校生たち、身勝手な中年サラリーマンなど、さまざまな乗客たちが、感染者に捕らわれれば死が待ち受けるという極限状態の中で、生き残りをかけて決死の戦いに挑み、それぞれの人間ドラマが描かれる。

映画.comより

こちらは韓国のゾンビ映画です。
またゾンビか!と思うかもしれませんが、洋ゾンビとはまた異なる性質を持ったものなので選びました。

とにかく追われるシーンや追い詰められるシーンが多いので、はらはらするのが疲れちゃう•••という人は苦手かもしれないです。

しかし、結構ちゃんとホラーしていて、ドキドキハラハラの展開が多いにも関わらず、あんまり怖くなんです。(良い意味ですよ!)
やたらめったらな脅かしはなく、異形の怪物に対する恐怖よりか人間の醜さが垣間見える恐怖のが強いような気がします。

疾走感がすごいのでぐいぐい引き込まれますよ!

きゃーきゃー騒ぎながら見てもよし、じっくり見てもよしな作品です。

たぬきはにぎやかに楽しく観賞しました。

ちなみに、この作品の前日譚であるアニメーション映画『ソウル・ステーション パンデミック』を見ると更に楽しめるでしょう。

メガ・パイソンVSギガント・ゲイター

おすすめ度  ☆ ☆ ☆ ・ ・
怖さ度    ・ ・ ・ ・ ・
B級度     ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

フロリダのエバークルーズ公園で、ワニが次々とヘビに食い殺される事件が発生。保護官のテリーは環境保護活動家ニッキーの猛反対をよそにヘビ狩りを開始するが、テリーの婚約者ジャスティンがヘビに殺されてしまう。正気を失ったテリーは、筋肉を成長させる強力なステロイド剤をワニに与えてヘビと対決させようとする。しかしその薬が未完成だったため、ワニは急激に巨大化し、その卵を食べたヘビも巨大化してしまう。驚くべき大きさとなったワニとヘビの大群は市街地へと飛び出し、人々をパニックに陥れる。

映画.comより

最後はモンスターパニック•••といっても巨大ヘビと巨大ワニの戦いです。

予告編をちらっとでも見て頂ければわかるのですが•••なんとお粗末なCGでしょう。
おすすめしといておすすめ度が☆3なのは、B級すぎて見る人を選ぶからです(笑)
B級映画大好きな人は絶対に見て欲しい1作。

ヘビとワニに見立てられた女2人の戦いも同時に描かれているのが見所です。
終始ちゃっちいCGを見せられることになるので、前述4作品に比べたらかなりクオリティは落ちます。
ジョーズとかアナコンダとか凶暴な動物が襲ってくる映画って怖いな•••と思っている人はぜひ肩慣らしにどうぞ。

これもわいわい文句(褒め言葉)つけながら見れる最高のおばか映画です。

この作品については完全にたぬきの趣味です。

ワニ、ヘビ、サメを筆頭に動物が人間に襲いかかってくる映画は総じておばか要素が強めのぶっ飛び具合で大好きです。好きな人は間違いなくたまらない作品

以上、おすすめ5選でした!
ぜひ参考にしてみてくださいね〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました